バストアップというとメスを入れるイメージがあるかもしれませんが、実は入れない方法もあります。 メスを使わないバストアップ法としては、以下の3つが代表的です。 ・脂肪注入 ・ヒアルロン酸注入 ・女性ホルモンの活性化 脂肪注入とは、自分の体にある脂肪を注射で胸に注入するという方法です。 部分痩せができ、胸も大きくなるという一石二鳥のバストアップ法といえます。 自分の脂肪を使用するため、副作用のリスクが少ないというのも大きなメリットです。 ヒアルロン酸注入は、注射でヒアルロン酸を胸に注入します。 ヒアルロン酸は体内にも存在する物質なので、副作用の危険が少ないという特徴がありますが、2年程度で効果がなくなってしまうというのが最大のデメリットです。 また、生活習慣を見直して、女性ホルモンを活性化することで、バストアップを目指すという方法もあります。 女性ホルモンは生活習慣と深く関係しているため、食生活や睡眠時間などを見直すことによって、胸が成長しやすくなるでしょう。